アカウントハック犯罪被害者救援掲示板

14088
追記事項が御座います。ご確認をよろしくお願いします。

国家公安委員会規則第十二号(平成十一年十二月二十日) 不正アクセス行為の
再発を防止するための都道府県公安委員会による援助に関する規則の第2条をお読み下さい。

私の解釈に間違いがあるかもしれませんが、
被害の情報提供は捜査や、今後の防御策を講じる為に必要なようです。

被害に合われた方はパン粉屋さんのHPにて被害状況の報告をお願い致します。

検索方法 警視庁 ハイテク犯罪 でググれば出てきます。

2009/3/15に警視庁サイバー犯罪課あてにメールにて、巨商伝内でのハッキングの状況とこのサイトのURLを添付し報告しました。

管理人の私事にてなかなか更新など出来てはいませんがこれからも被害に合われた方への救済を呼びかけていきたいと思います。

虚偽は正当な弁護士業務だ ! - 月光

2010/11/27 (Sat) 09:32:34

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任です。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 日弁連・会長:宇都宮健児らは、提訴し、勝訴するための「虚偽は正当だ」との理念を抱き、当然のように実践する人間たちだということでしょう。
 

 そして、組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もないのです。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な事実を知るべきです。

名前
件名
メッセージ
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.